四季の日本を巡る道

初めて、道路を「目的」にして、旅をしたのは2005年の出来事です。 最も有名な酷道である「温見峠」を走り、飛騨清見インターにて交差する道路の姿に魅了され、 気づけば10年以上、道路を撮り続けてきました。

これまで撮った写真の中で”ベストな道路の写真集”を作るというコンセプトで 2冊の写真集が生まれたのですが、その1冊がこの「四季の日本を巡る道」になりました。

風景写真や鉄道写真の分野において、多くの方が追求されている「四季」というテーマですが、 道路においては、未だ見たことがなかったもので、ぜひ自分が形にしてみることにしました。

DATA

A4フルカラー54ページ(48作品)。春、夏、秋、冬、そして収穫の季節。そして夕暮れと、夜明けの時間。自分の「ベスト道路写真」を厳選してお送りします!

購入方法

<< 戻る >>